ウスバフユシャクとクロテンフユシャク
(Inurois fletcheri & Inurois membranaria)

  

 


ウスバフユシャク(写真左) オス(cat.2156) 上05.12.23 神奈川県津久井町志田峠 開張28mm 下07.12.18 山梨県河口湖町西湖付近

シャクガ科フユシャク亜科の蛾で、山地にも平地にも全国的に産する普通種。山地では11月中旬〜12月中旬にかけて発生し、平地では12月中旬〜2月上旬にかけて発生する。ブナ科、ニレ科、バラ科、カエデ科、カキ科で20種弱ほどの食草が知られ、個体数も多く、採集は比較的簡単である。大きさ、斑紋、色彩は変異に富み、クロテンフユシャクや他近似種との誤同定には注意を要する。

クロテンフユシャク(写真右) オス(cat.2155) 06.1.15 神奈川県相模原市大沼 開張28mm

ウスバフユシャク同様、山地にも平地にも全国的に普通種。ブナ科、ニレ科、カバノキ科、カエデ科、クルミ科で15種ほどの食草が知られ、特にクヌギ、コナラを好んで食すようだ。山地では11月中旬〜12月中旬に発生し、平地では12月下旬〜3月上旬までダラダラと、ウスバから少し遅れて発生する。筆者が採集した、大沼の雑木林(2006年度)は1月下旬になるとクロテンのほうが圧倒的に多く、ウスバは擦れているものが目立った。♀は日没と共に動き出し、コーリングして配偶に至る。

比較ポイント


左:ウスバフユシャク 右:クロテンフユシャク

[前翅]
[後翅]
 黒点は比較的安定しているが両種とも薄くなる個体もあり、ウスバでは完全に消失する個体もある。

[開張]
 両種とも開張27mm〜31mmくらいでほぼ同じ。

[メス]
見た目で判断するのはほぼ不可能で、交尾中の個体を採集するか、解剖で同定する。

参考


クロテンフユシャクの交尾 06.1.29 神奈川県相模原市 午後7時頃


ウスバフユシャク 05.12.30 神奈川県相模原市 開張28mm



図鑑トップへ戻る