オオツノトンボ
Protidricerus japonicus





本州から九州にかけて生息し、5月から9月ころまで見られ、夜間に灯火で得られる。腹部は渋いブルーに黒で縁取られた黄色い線が走る。
草原性だが、どちらかと言うと山のほうでよく見かける種である。幼虫は草むらの根ぎわや石の下に潜み、他の昆虫を捕らえる。





生態写真


2007年8月11日 山梨県道志村 ♀


2008年7月20日 神奈川県愛甲郡 ♂


2011年8月6日 静岡県富士宮市 ♂