シロオビフユシャクとクロバネフユシャク
(Alsophila japonensis & Alsophila foedata)

  



シロオビフユシャク(写真左) オス(cat.2153) 05.12.23 神奈川県丹沢 開張35mm

「フユシャク」と呼ばれる寒い時期に発生するシャクガ科フユシャク亜科の蛾で、山地にも平地にも全国的に産する普通種。メスは翅が退化しており、無翅。発生は寒冷地や山地のほうが若干早く、10月頃から発生する個体もあるらしい。平地や低山地では年末から2月にかけてみられる。大きさは変異に富み、開張30mm前後を最小として開張40mm弱ほどのものがいる。山地に産する個体は小さいものが多い傾向にある。多数の食草が知られており、採集において困難な種ではない。

クロバネフユシャク(写真右) オス(cat.2152) 06.1.15 神奈川県相模原市 開張30mm

平地や低山地に1月から3月上旬に発生するため、平地産のシロオビフユシャクと発生期がかぶる事がある。その年の気候により出現期が早まる傾向にあり、筆者は05年12月下旬にも同地で発生を確認している。分布は全国であるが、若干局地的でシロオビフユシャクほど多くないようだ。食草はクヌギ、コナラが知られており、筆者の採集した相模原の大沼の雑木林には多産する。

標本比較