ホシオビキリガ
(Conistra albipuncta)

 

   

(左上)  黒点型 06.2.22 神奈川県相模原市 開張38mm
(右上)  白点型 06.2.22 神奈川県相模原市 開張41mm
(左下)ゴマダラ型 06.2.22 神奈川県相模原市 開張40mm



ホシオビキリガ(cat.3708)

10月〜11月に羽化し、成虫で越冬した後に早春活動する越冬キリガの仲間。平地にも山地にも産し、1月〜3月に雑木林での糖蜜採集で大量に得られる。黒点型はカシワオビキリガやミヤマオビキリガなどとの誤同定に注意。ゴマダラ型はゴマダラキリガとの誤同定に注意。食草はサクラなどが知られる。大きさは開張36mm〜41mmくらい。色調は赤褐色で比較的安定しているが、ゴマダラ型は図示したもののように黄色味がかった個体もいる。翅を重ねて止まる事が多い。図示した個体は全て同日、同場所で採集したもの。



図鑑トップへ戻る