2010年3月5日の記録



この日は東京都で日中18.2度を記録した異例の夏日。この日を境にまた寒くなるという。
こんな日は虫採りに行っておくべきだと、一人で夜中に車を走らせる。
神奈川の街灯回りの結果報告。




オカモトトゲエダシャク

伊勢原のポイントに着くと最初に発見。この時期の短い期間しか現れないシャクガの仲間。
♀は灯りに来ないため発見は困難。私も見たことがない。



ウスギヌカギバ

パタパタと飛んで来た白い蛾を網ですくってみるとコレ。綺麗な羽化したての個体だ。
薄絹とはよく言ったもので、美しい。




ヨスジキリガ

これもブンブン飛んでいたのを救った。この場所にこの時期くると必ず見かける。



ヤスジシャチホコ

ハリギリにつくというこの種も山のほうでは普通種だが、大量に出会ったことはない。



トビモンオオエダシャク

学名からビストンという名で愛好者から呼ばれる仲間の代表選手。

この辺で切り上げて自宅近くの雑木林に移動。



シロトゲエダシャク

平地でも山地でも見かけるフユシャクの仲間。♀の翅は退化して飛べない。



ホソバトガリエダシャク

ここでは最盛期。オカモトトゲエダシャクと共に大量に出会った。



コバネヒゲブトナミシャク

南方系の種で関東の記録はほとんど無い。神奈川では2例目となる。
記録を調べ、学会誌に報告文をかいた。



アトジロエダシャク

ヤガに間違えられるシャクガ。春の超普通種である。


気がついたら朝の5時。帰って寝なきゃ。








採集地

神奈川県伊勢原市
神奈川県相模原市



採集・確認個体[蛾]

ウスベニスジナミシャク
カシワオビキリガ
アトジロエダシャク
ウスギヌカギバ
ホソウスバフユシャク
オカモトトゲエダシャク
カバキリガ
シロトゲエダシャク
コバネヒゲブトナミシャク
トビモンオオエダシャク
トギレエダシャク
ナカオビカバナミシャク
ヒゲマダラエダシャク
ホソバトガリエダシャク
マエアカスカシノメイガ
ヨスジキリガ
ヤスジシャチホコ


採集・確認個体[蝶]


なし


その他・昆虫

なし










戻る