2009年6月27日の記録



日本で唯一尾状突起が2対あるシジミチョウを求めて行ってきたわけですが、まあ結論から言うと「たぶんあれはそう」

という不明確な目撃のみで終わった今回の遠征は副産物の生き物たちの出会いでとりあえず満足です。

午前は神奈川県で午後は山梨へ。

情報をもとに散策を開始


カノコガ

昼行性でこの時期は市街地などでも多産します。

食草はキク科との情報があり、ヨモギで飼育したことがあります。4齢あたりからは虫の死骸などを食べるそうで

飼育に失敗した経験があります。(こまめに糞掃除をしなかったのも原因か。。。?)


キヌビロウドマイマイ

あまり見る機会のないカタツムリ。地方によって種分けが激しいビロウドマイマイ類は神奈川だとキヌになるとか

自分は詳しくないので陸貝の専門家に問い合わせました。カタツムリも深いなあ。。。


マルウンカ

よくテントウムシと間違えられるがカメムシ目ヨコバイ亜目の一部のグループである

色彩に変異があり、ほとんど白紋がでない個体も存在する

所変わって山梨県


オオチャバネセセリ

チャバネセセリやイチモンジセセリに似るがこの2種は翅の白点が4つに対して本種は5つ。

上から「短い、長い、長い、短い、長い」


オオヒラタシデムシ

現地では最盛期だったのか、至る所で交尾が見られた。
昆虫や動物などの死骸を食べる掃除屋さん。食物連鎖の最後はこのシデムシが綺麗にしてくれるのですね。


クビアカトラカミキリ

ブドウトラカミキリに似るが上翅の斑紋がクビアカは「⊃⊂」ブドウは「X」







採集地

神奈川県相模原市相模湖町
山梨県上野原市



採集・確認個体[蛾]

・Maxates sp
・アカガネマルハキバガ
・ウスクロモクメヨトウ
・カノコガ
・クシヒゲムラサキハマキ
・クスサン幼虫
・コウゾハマキモドキ
・ゴマダラシロエダシャク
・シロテンツマキリアツバ
・ドクガ幼虫
・ナミスジエダシャク
・ヒメツマオビアツバ
・ヒラタモグリガsp
・ヒロバトガリナミシャク
・プライヤエグリシャチホコ
・ベニモントガリホソガ
・マダラマルハヒロズコガ幼虫


採集・確認個体[蝶]


オオチャバネセセリ
スジグロシロチョウ
ベニシジミ
ツバメシジミ
ヤマトシジミ
ルリシジミ
クロヒカゲ
ヒメウラナミジャノメ
キマダラセセリ


その他・昆虫

オオスズメバチ
イタドリハムシ
オオヒラタシデムシ
オジロアシナガゾウムシ
カツオゾウムシ
キイロクチキムシ
キヌビロウドマイマイ
クチブトカメムシ
クビアカトラカミキリ
クルミハムシ
コフキゾウムシ
シロコブゾウムシ
セアカツノカメムシ
トサカシバンムシ
トホシカメムシ
ナガメ
ナナフシモドキ
ノコギリカメムシ
ハシブトシリアゲアリ?
ハナムグリ
ババヤスデ類
ビロウドカミキリ
ブチミャクヨコバイ幼虫
マメコガネ
マルウンカ
ヨツキボシハムシ
ヨツボシテントウダマシ
ラミーカミキリ
ルリクビボソハムシ
などなど

写真


コウゾハマキモドキ  :コウゾやヤマグワを食べる。全国に普通のハマキモドキ。昼行性


クシヒゲムラサキハマキ  :ツヤスジハマキに似るが本種はそれより一様に紫色。
バラギンオビヒメハマキにも似るがそれにはヒメハマキ特有の前翅前縁に鋸歯状紋を有する事で区別する。



アカガネマルハキバガ  :ミクロの美麗種。採集しようと思ったら逃げられた。。。


ラミーカミキリ :背中にパンダの顔がある普通種のカミキリ


ベニモントガリホソガ  :こちらもミクロの美麗種。自販機にきていた。


クチブトカメムシ  :餌を捕らえた瞬間。成虫で越冬する。


ルリクビボソハムシ  :スゲハムシ似る。











戻る