2009年5月4日の記録



毎年恒例となってきたタケウチエダシャク確認の季節。今年こそはナマリキリガ採りたいのだが。。。。

という訳でいつもの場所へ。

タケウチさんはまだいらっしゃってないよう。

とりあえず、散策。


アカガネヨトウ

ヨトウの中では普通よりちょい小型の美麗種。



アオバシャチホコ

平地でも多産する普通種の代表選手。


マエアカスカシノメイガ

知る人ぞ知る普通種の中の普通種。蝶で言えばヤマトシジミ?
いや、モンシロチョウ?とにかく年中見られる蛾であります。


タケウチエダシャク

やっとこさ登場。この日は♂3頭飛来してくれました。

珍品と言われており、分布はかなり局所的。

1頭だけ採集。来年からはもう採るのやめよ。


テングアツバ

葉っぱかと思ったら。。。。
個体変異のある蛾で、コレは一番地味?な型。

帰りに神奈川のいつものポイントを回って帰宅。





採集地

山梨県北杜市
神奈川県相模原市


採集・確認個体[蛾]

・アオバシャチホコ
・アカガネヨトウ
・ウスバキエダシャク
・ウンモンスズメ
・エグリヅマエダシャク
・オオバコヤガ
・カギモンヤガ
・カシワキリガ
・カバキリガ
・ケンモンキリガ
・コヨツメエダシャク
・シャチホコガ
・セブトエダシャク
・タケウチエダシャク
・テングアツバ
・ナカキエダシャク
・ノヒラトビモンシャチホコ
・ハガタムラサキエダシャク
・ヒメカレハ
・ヒロオビウスグロアツバ
・フトオビホソバスズメ
・マエアカスカシノメイガ
・マユミオオクチブサガ
・ムラサキエダシャク
・リンゴドクガ
・ルリモンエダシャク


採集・確認個体[蝶]


特になし


その他・昆虫

エグリトビケラ
アナアキゾウムシの仲間
などなど

写真


コヨツメエダシャク  :エダシャクの中でも緑色の鱗粉を持った美麗種。多くないが少なくもない。


テングアツバ  :この長い下唇鬚が「テング」の由来。


ウンモンスズメ  :小さめの♂。言うなればコウンモンスズメかな。


ルリモンエダシャク :なんで「ルリ」って名前に付いてるのかなって思ってたけど。。。
新鮮な個体は青みがかってて綺麗。。。。なるほど。でも瑠璃色の紋があるわけじゃない。。。。


リンゴドクガ  :完全にシチュエーションで撮影した。











戻る