2009年1月11日の記録



2009年1発目はDX-9さんとSAFARIさんとオサホリ&糖蜜ツアーです。

まずは神奈川のオオムラサキで有名な谷戸に幼虫探しに。


エノキの枯れ葉を裏返すとたくさんいました。左がゴマダラチョウの幼虫で右がオオムラサキの幼虫です。

背中の突起が3対か4対かで区別できます。

顔の比較

ゴマダラチョウ


オオムラサキ

とにかくどっちも可愛いという事が言いたいだけです。



場所を移してオサ堀。まずは定番アオオサムシ。

狙いはクロカタビロオサムシだったのですが、今日はハズレ。

またまた移動で雑木林を散策。





キノカワガ。毎年1回は遭遇する普通種で擬態の達人。

日が暮れてくると糖蜜準備



ヨスジノコメキリガ。ここ数年で糖蜜の飛来数はかなり減りました。


これと言った成果もなく終了。





採集地

神奈川県相模原市
埼玉県狭山市


採集・確認個体[蛾]

・ウスバフユシャク
・フジホソガ
・キノカワガ
・クロモンホソコヤガ
・シモフリトゲエダシャク
・ナワキリガ
・フサヒゲオビキリガ
・ホシオビキリガ
・ヨスジノコメキリガ


採集・確認個体[蝶]

オオムラサキ幼虫
ゴマダラチョウ幼虫


その他・昆虫

アオオサムシ
エサキオサムシ
エサキモンキツノカメムシ
コアシダカグモ
ニホントカゲ
などなど

写真


フジホソガ  :ミクロな人。


シモフリトゲエダシャク♂  :フユシャクの仲間。


クロモンホソコヤガ  :年数回発生。おそらく成虫越冬。


ウスモンフユシャク  :まるっこい、無地に近いフユシャク。


コアシダカグモ  :この時期、木をひっくり返したりすると出てくる定番のクモ。


エサキオサムシ  :関東ではアオオサに次いで普通種なのでは?暗い赤の光沢を持つ。











戻る