2008年9月6日の記録



さて今回は朝からヒメオオクワでも狙いに行きますかと山梨のとある高原へ。アカセセリなども見れるんじゃないかと楽しみにしえいたんですが、


イチモンジセセリばっかりやんけ!お前、こんな標高ある所にまでいるんじゃねぇですよ。

来る途中にキベリタテハを1頭見かけたので、たくさんいるんじゃないかーーと思ったんですが。。。アレ?いない。。。

たまーーーに見かけても飛んでるだけで降りて来ないです。



ミドリヒョウモンは時々降りてきて日向ぼっこしてますが。。。





さらに散策するとDX-9さんがコクワを掘り出しました。越冬準備中だったのでしょうか。(まだ早いか。。。?)

「木のウロにいたからヒメオオだと思って必死にほじくり出したのに。。。」とガッカリなご様子。



そんなこんなでウロウロしてると、一寸野虫さん達から連絡が。

どうやらキベリタテハが降りてきてくれたみたいです。



キベリというよりはシロヘリタテハ。。。新鮮な個体はもっと縁が黄色いのですが。

このキベリタテハは北方系の蝶で、関東などでは標高の高い高原でみられます。昨年は少なかったようですが今年はそこそこ出てたみたいです。

8月頃出現し、そのまま成虫越冬する蝶で、この日は少ないながらも撮影できて良かったです。




一行は移動し、は少し降りた峠のトイレで用を足しているとSAFARIさんがシャチホコガの幼虫を発見。

成虫はド普通種なんですが幼虫はあまり出会いません。



お腹もすいたのでいつものペンションに移動し、腹ごしらえの後ライトトラップへ。



イボタケンモン。これには似たニッコウケンモン・タカオケンモンという種がいます。



ノコギリクワガタのいわゆる両歯型ってやつです。地方で様々な呼び方があるよう。

この日、幕に来たクワガタはこいつだけ。



ハコベヤガです。全国に普通の赤褐色を帯びる綺麗なモンヤガ。自分的初物ゲトー



ナカアオナミシャク。普通種の小さなナミシャク。個体変異が強い種。



ヨスジナミシャク。。。。だと思います。斑紋的には合ってるんですが時期が合わなくてチョット自信なし。。。^^;




場所は変わって勝沼の樹液ポイント。



早速スジクワガタ♂を発見。コクワとはあごの形が違います。



越冬前の綺麗なフクラスズメも来てました。カトカラはシロシタバ、キシタバ、マメキシバばかり。この日はベニ系には出会えず。

最後に帰り際に神奈川の前回も行った橋のポイントに到着。眠くて写真も採集もせず徘徊してたんですが、



クロメンガタスズメの翅が落ちてるじゃありませんか!

体だけネコか鳥に食べられたんでしょうね。

移動性の強い蛾で、昨年初めて神奈川でも正式に記録されました。しかしそれは沿岸沿いの横須賀。

食草にくっついて来て一時的な発生があったのかもしれません。とにかく来年が楽しみです。





採集地

山梨県甲州市
神奈川県愛甲郡愛川町

採集・確認個体[蛾]

・アオアカガネヨトウ
・イボタケンモン
・ウスアオキノコヨトウ
・ウスキシタヨトウ
・ウスキヒメシャク
・ウススジギンガ
・エゾキシタヨトウ
・オイワケキエダシャク
・オオエグリヒラタマルハキバガ
・オビガ
・キシタバ
・キバラエダシャク
・キバラケンモン?
・クロズウスキエダシャク
・クロメンガタスズメ(左前翅)
・コヒサゴキンウワバ
・ゴマフキエダシャク
・シャチホコガ幼虫
・シロシタバ
・シロスジエグリシャチホコ
・ツマジロカラスヨトウ
・ナカアオナミシャク
・ネグロハマキ
・ノンネマイマイ
・ハコベヤガ
・ハミスジエダシャク♀
・ヒイロキリガ
・ヒトツメカギバ
・ヒメヤママユ
・ヒロオビクロギンガ
・フクラスズメ
・マエアカスカシノメイガ
・マガリキンウワバ
・マメキシタバ
・マルモンキノコヨトウ
・ミツモンキンウワバ
・ヤママユ
・ヨスジナミシャク?
・ほか多数


採集・確認個体[蝶]

ミドリヒョウモン
クロヒカゲ
ジャノメチョウ
イチモンジセセリ
キベリタテハ

その他・昆虫

ツノゼミ
オオズセダカコクヌスト
コクワガタ
スジクワガタ
ノコギリクワガタ
オオゾウムシ
ツノアオカメムシ
ムラサキトビケラ
オオキマダラケシキスイ
ザトウムシ
などなど

写真


クサモグリガの一種  :生態で2mmあるかないか。標本の開張は2mm強。 生態写真:真神ゆさん


マガリキンウワバ  :北海道、東北地方から本州中部にわたって山間地に産し、中部以西では高地に産する。あまり多くない。


オオエグリヒラタマルハキバガ  :近縁のネズミエグリヒラタマルハキバガよりも大きい。この2種は交尾器が全く異なり別属の可能性もある。


ヒイロキリガ  :日本の特産種、本州、四国、九州、屋久島の山地に分布する。


オオズセダカコクヌスト  :なんか珍しい虫らしいです。採集はしませんでした。


オオキマダラケシキスイ  :樹液に集まるケシキスイの仲間。ヨツボシケシキスイに続く大型のケシキスイ。10mmくらい。神奈川ではRDに入ってるみたい。


ツノゼミ  :ザ・ツノゼミです。初めてみました。すぐ飛んでっちゃいました。スケットダンスのボッスンみたい。











戻る