サクフウフユシャク
Alsophila yanagitai





朔風冬尺と書き、熊本県にのみ産地が知られるまだ謎の多いフユシャク。1995年に記載された。前翅外横線の屈曲が弱く、全体的に丸い事で区別される。
地色は灰褐色でシロオビやユキムカエのような白色・暗褐色の鱗粉がない。また内横線を縁どる黒色鱗粉は不明瞭な事が多い。
生息地では11月下旬から12月上旬の短い期間に出現する。同地ではシロオビフユシャクも産するが1週間から2週間程度早く出現する。
標本提供:がいすと氏





標本写真


2012年12月4日 熊本県上益城郡