ウリキンウワバとモモイロキンウワバ
(Anadevidia peponis & Anadevidia hebetata)





ウリキンウワバ(写真左)(cat.4170)2005.8.12 神奈川県相模原市

ウリ科:ヘチマ、ヒョウタン、カボチャ、カラスウリ、ゴマノハグサ科:キリ、トウダイグサ科:ヤマアイ、シソ科:オドリコソウ、セイヨウヤマハッカ、アブラナ科:チンゲンサイ、ターサイ、スイカズラ科:ハマニンドウ、フジウツギ科:トウフジウツギ、ウリ科:ユウガオ、キュウリ、メロンと、とにかく多くの食草の報告がある農作物の害虫である。畑が近くにある場所ではよく見られる。成虫は7月から10月に渡って見られ、本州ではド普通種である。和名はホストの一つであるウリを表すものと思われる。

モモイロキンウワバ(写真右)(cat.4169) 2009.6.20 長野県塩尻市高ボッチ温泉

南方系で主に本州・九州の山地で得られる種で、6月から9月に発生する。神奈川県では数例記録があるのみで少ない。







標本比較






[翅]

標本を並べて撮影。


生態写真







図鑑トップへ戻る