トビモンオオエダシャクとチャオビトビモンエダシャク
(Biston robustus robustus & Biston strataria hasegawai)

  



トビモンオオエダシャク(写真左)オス(cat.2840) 06.3.21 埼玉県吉田 開張62mm

3月〜4月に出現する大型のシャクガで、屋久島以北亜種と奄美以南亜種にわけられる。ここで図示した個体は屋久島以北亜種となる。全国の平地や山地に多産し、灯火に飛来するがメスは集光性があまりないようで採集しにくい。ブナ科、ニレ科、バラ科、マメ科、ニシキギ科、カエデ科、ツバキ科、ミズキ科、モクセイ科、スイカズラ科など、かなり多食性で幼虫もよく発見される。大きさはメスのほうが大きく、斑紋・色彩は変異に富む。

チャオビトビモンエダシャク(写真右)メス(cat.2836) 95.4.8 山梨県 開張51mm 標本提供:がいすと氏

北海道と本州の山地などに産する春の大型種。比較的少ない種で、若干寒冷地性なのだが最近では広島県呉市灰ヶ峰公園でも確認されている。♂の触角は櫛歯状で、♀は糸状。食草は分かってない。

比較ポイント


左:トビモンオオエダシャク 右:チャオビトビモンエダシャク

[前翅]
[開張]
 トビモンオオエダシャク:オス50mm〜70mm メス80mm前後 チャオビトビモンエダシャク:50mm前後

参考





図鑑トップへ戻る