オオバトガリバ とホソトガリバ
(Tethea ampliata ampliata & Tethea octogesima octogesima)

 



オオバトガリバ(写真左)(cat.2125) 06.5.28 神奈川県相模原市 開張44mm

6月から7月頃に発生する、やや大型のトガリバの仲間。全国の平地・山地に普通。変異は多少あるがほとんど安定している。食草はクヌギが知られており、採集は容易である。

ホソトガリバ(写真右)(cat.2126) 06.6.25 埼玉県吉田 開張44mm

全国的に普通種だがオオバトガリバほど多くはない。5月から8月まで発生。幼虫の食草はクヌギである。

比較ポイント


左:オオバトガリバ 右:ホソトガリバ

[前翅]
[色]
 両種とも同じような色合いだが、ホソトガリバのほうが斑紋が濃い個体が多い。

[開張]
 両種ともに40mmから大きいモノで48mmほどになるが、寒冷地になるほど小さい個体も現れるよう。




図鑑トップへ戻る