ミツモンキンウワバとイチジクキンウワバ
(Ctenoplusia agnata & Chrysodeixis eriosoma)

  



ミツモンキンウワバ(写真左) (cat.4163) 05.7.29 神奈川県海老名市

ニンジン、ゴボウ、ダイズ等を食害することから、畑のそばなどで採集されることが多い。寒冷地を除き、全国的に普通種。発生期は7月中旬〜10月頃で、8・9月に多い。私は11月にも採集している。前翅の中央付近にある銀紋は安定していて大きな変異はない。

イチジクキンウワバ(写真右) オス(cat.4165) 05.8.8 神奈川県相模原市

ミツモンキンウワバと食草が似ており、しばしば同時に採集されるため、誤同定がおきやすい。発生期も同様にミツモンキンウワバと同じく7月〜10月に発生する。普通種である。前翅の中央付近にある銀紋は若干変異があり、2つの紋がくっついてしまう個体もいる。♂交尾器の形態により、ミツモンキンウワバとは別属とされているが、斑紋は酷似している。このほかにホソバネキンウワバという近似種がいるが、産出量は少なく、関東では稀である。





標本比較

 


[前翅]

[胸背の毛]
 黄色で囲ったように、イチジクには黄褐色の毛があるが、ミツモンにはない。

[開張]
 ミツモンキンウワバ 27mm〜32mm。イチジクキンウワバ 30mm〜35mm。
 イチジクのほうが少し大きめの個体が多い。

[体色]
 翅を含め、全体的にミツモンは紫、または黒褐色の印象を受け、イチジクはそれより褐色な印象。

参考


イチジクキンウワバ オス
(銀紋の繋がった個体)



図鑑トップへ戻る