マエキトビエダシャクとオオマエキトビエダシャク
(Nothomiza formosa & Nothomiza oxygoniodes)



Nothomiza属は日本ではこの2種のみでインドからマレー半島に8種分布する。関東では2種とも、平地でも山地でも採れる。





マエキトビエダシャク(cat.2877)(1-032-22,23)

モチノキ属を主なホストとし、北海道から九州まで見られる普通種だが、暖地ではやや山地に生息する。5月〜10月に出現し、年2〜3化。次種と似るが一般に本種のほうが小さく、前翅黄色斑で区別は簡単。日本固有種。




オオマエキトビエダシャク(cat.2878)(1-032-24〜26)

およそ関東地方を北限とする暖地性の蛾で、関東でも平地で採れるが、前種より少ない。前種同様モチノキ属の記録がある。一般に前種より大きく、赤みの強い個体から暗色の個体まで変異がある。図示した標本は両方とも神奈川産。




特徴と比較ポイント


ポインタで画像に触れて下さい。





参考


マエキトビエダシャク 11.05.14 神奈川県相模原市南区




マエキトビエダシャク 10.04.18 神奈川県相模原市南区






図鑑トップへ戻る