チャマダラキリガとクロチャマダラキリガ
(Rhynchaglaea scitula & Rhynchaglaea fuscipennis)

  



チャマダラキリガ(写真左)(cat.3696) 67.3.17 神奈川県丹沢   開張--mm  標本提供:がいすと氏

10月〜11月に羽化し、成虫で越冬した後に早春活動する越冬キリガの仲間。主にカシのある雑木林で11月〜2月頃の糖蜜採集で得る事ができるが、クロチャマダラ同様に関東以西では少なく、北海道には産しない。もちろん灯火にも飛来する。変異幅が広く、ここに図示した標本は1つの例にすぎない。変異については個体変異図鑑を参照してもらいたい。

クロチャマダラキリガ(写真右)(cat.3697) 06.2.25 神奈川県津久井_城山 開張36mm

10月〜11月に羽化し、成虫で越冬した後に早春活動する越冬キリガの仲間。ナワキリガ同様、常緑カシ林に固有の蛾で関東以西では普通で、それより北に行くほど少ない。変異幅は広く同族のチャマダラキリガとの誤同定に注意を要する。変異については個体変異図鑑を参照してもらいたい。この属は別属のヤクシマキリガとも似るので注意が必要である。

チャマダラキリガの個体変異図鑑

クロチャマダラキリガの個体変異図鑑

比較ポイント


左:チャマダラキリガ 右:クロチャマダラキリガ

[前翅]
[開張]
 チャマダラキリガ:開張35mm〜38mm クロチャマダラキリガ:開張30mm〜37mmで、クロチャマダラのほうが若干小さい事が多い。


近似種





参考


チャマダラキリガ 10.1.30 神奈川県相模原市上大島 


チャマダラキリガ 10.1.30 神奈川県相模原市上大島 


チャマダラキリガ 10.1.30 神奈川県相模原市上大島 


チャマダラキリガ 10.2.28 埼玉県狭山市 


クロチャマダラキリガ 10.2.28 埼玉県狭山市 


クロチャマダラキリガ 10.1.30 神奈川県相模原市上大島 



図鑑トップへ戻る