コモクメヨトウ と ヒメモクメヨトウ
(Actinotia intermediata & Actinotia polyodon)

  



コモクメヨトウ(写真左)(cat.3823) 2005.9.29 神奈川県相模原市

北海道から九州に至る本土域と対馬、屋久島に産し、琉球列島では石垣島の記録がある。5月から9月に出現。

ヒメモクメヨトウ(写真右)(cat.3822) 07.5.19 山梨県甲州市

世界的に広域に分布する種でイギリスから日本に至る。時期も全種同様5月から9月で蛹で越冬する。

♂比較ポイント


左:コモクメヨトウ 右:ヒメモクメヨトウ

[翅]
[色]
 全体に地色がヒメでは赤褐色を帯びるが個体差がある。

[開張]
 両種ともほぼ同じで開張35mm〜40mm





ヒメモクメヨトウ 07.5.19 山梨県甲州市 標本の個体。





図鑑トップへ戻る