カシワオビキリガとホシオビキリガ(黒点型)
(Conistra ardescens & Conistra albipuncta)

  



カシワオビキリガ(写真左)(cat.3705) 05.12.3 神奈川県相模原市大沼 開張38mm

ヤガ科ヨトウガ亜科に属する。クヌギ・コナラのある雑木林で多産し、ホシオビキリガと混在する。全国的に分布しているが、ミヤマオビより局地的な産出であるらしい。本種は越冬キリガで、10月〜11月に羽化し、越冬した後早春活動する。そのため11月〜2月の糖蜜採集で多数得る事ができる。色彩はやや安定しているが、斑紋は若干の変異が見られる。

ホシオビキリガ(写真右)(cat.3708) 06.2.22 神奈川県相模原市大沼 開張38mm

10月〜11月に羽化し、成虫で越冬した後に早春活動する越冬キリガの仲間。平地にも山地にも産し、1月〜3月に雑木林での糖蜜採集で大量に得られる。近似種に白点を成すものは本種しかおらず、同定は容易だが黒点型は他種と混同されやすく、注意が必要である。食草はサクラなどが知られる。

ホシオビキリガの個体変異

比較ポイント


左:カシワオビキリガ 右:ホシオビキリガ

[前翅]
[色]
 カシワオビは翅も毛も一様に赤みがかるが、対するホシオビではカシワオビのような赤みはなく、黄褐色及び橙色で、色彩による判別が容易である。

[開張]
 両種とも開張40mm前後で、大きさで識別は出来ない。

[止まり方]
ホシオビは完全に翅と翅を重ね合わせて止まる事が多いが、カシワオビは3分の1程度しか重ねないことが多く、そのため前翅の黒点が2つ見える事が多い。

参考


カシワオビキリガ 05.12.3 神奈川県相模原市大沼 開張38mm


ホシオビキリガ(黒点型) 06.2.11 神奈川県相模原市大沼 開張38mm



図鑑トップへ戻る