ホシオビキリガ(ゴマダラ型)とゴマダラキリガ
(Conistra albipuncta & Conistra castaneofasciata)

  



ホシオビキリガ(写真左)(cat.3708) 06.2.22 神奈川県相模原市大沼 開張38mm

10月〜11月に羽化し、成虫で越冬した後に早春活動する越冬キリガの仲間。平地にも山地にも産し、1月〜3月に雑木林での糖蜜採集で大量に得られる。個体変異が激しく、白点型・黒点型・ゴマダラ型があり、近似種に白点を成すものは本種しかおらず、同定は容易だが黒点型は他種と混同されやすく、注意が必要である。ゴマダラ型ではゴマダラキリガと似る。食草はサクラなどが知られる。
ホシオビキリガの個体変異


ゴマダラキリガ(写真右)(cat.3710 ) 07.3.10 神奈川県相模原市城山町 開張34mm

10月〜11月に羽化し、成虫で越冬した後に早春活動する越冬キリガの仲間。北海道から九州まで本土域の広葉樹林に産する。関東だと平地には産せず低山~山地で採集される。食草はクヌギやヤナギなどの広葉樹が知られている。ホシオビキリガに比べると数は少なく、関東では近年記録が少ない。

比較ポイント


左:ホシオビキリガ 右:ゴマダラキリガ

[前翅]
[色]
 ゴマダラキリガのほうが発色が強く橙黄色で、ホシオビでは褐色・黄褐色となる。

[開張]
 ホシオビキリガ:開張40mm前後 ゴマダラキリガ:35mm前後で、ゴマダラキリガのほうが一回り小さい事が多い。

参考


ゴマダラキリガ 07.1.19 静岡県伊豆市





図鑑トップへ戻る