フサヤガ と コフサヤガ
(Eutelia geyeri & Eutelia adulatricoides)

ヤガ科フサヤガ亜科(Euteliinae)は現在偶産を含め日本で13種確認されている。





フサヤガ(cat.3956)(2-062-21,22)

年2化で成虫越冬。そのため、ほぼ1年中採集される。ホストはウルシ科やブナ科が報告されている。後翅基部は次種に比べやや黄色みを有する。♂の触角は両櫛歯状で次種と異なる。







コフサヤガ(cat.3957)(2-062-23,24)

6月〜9月に出現。成虫越冬はしないとされている。(筆者は4月23日の採集品を持っているが越冬したかどうかは不明)前種よりやや小型で後翅基部は純白に近く、♂の触角は鋸歯状である事で区別できる。




特徴と比較ポイント


ポインタで画像に触れて下さい。 [翅]






参考


フサヤガ♀ 11.08.27 神奈川県愛甲郡愛川町


フサヤガ 11.08.27 神奈川県愛甲郡愛川町


コフサヤガ♀ 11.04.23 山梨県韮崎市





図鑑トップへ戻る