チビスカシノメイガとクワノメイガとスカシノメイガ
Glyphodes duplicalis&Glyphodes pyloalis&Glyphodes pryeri





チビスカシノメイガ(cat.1657) 06.4.30 神奈川県城山町

5月〜8月頃に出現するツトガ科ノメイガ亜科の蛾。本州、四国、九州、対馬に分布。クワノスムシ,クワノハマキムシとよばれるクワの害虫。大図鑑では1版・2版がクワノメイガとなっているものが本種。
保育社の図鑑(705)でも「くわのめいが」として図示されている。幼虫で越冬し、年に数回発生。クワノメイガと混同されていた。


クワノメイガ(cat.1658) 05.9.29 神奈川県相模原市

チビスカシノメイガと同じく5月〜9月に発生。 分布域は広く、北は東北地方から四国、九州、対馬、屋久島、トカラ列島、奄美大島、沖永良部島、沖縄本島、 宮古島、石垣島、西表島、朝鮮、中国、インド-マレーまで。
春型は夏から秋に出る個体よりも大きいが、一般にチビスカシノメイガ・スカシノメイガよりも小さい。


スカシノメイガ(cat.1658) 05.9.29 神奈川県相模原市

5月〜8月頃に出現し、クワやコウゾの葉を食べる事で前2種と一緒に採集される事が多い。ほぼ日本全土から記録され。近似種にツシマスカシノメイガが存在する。前翅は前2種と似るが、後翅の斑紋で見分けられる。


比較ポイント





参考


クワノメイガ 05.9.29 神奈川県相模原市



図鑑トップへ戻る