アカハラゴマダラヒトリとキハラゴマダラヒトリ
(Spilosoma punctarium & Spilosoma lubricipedum sangaicum)

 

 



アカハラゴマダラヒトリ(写真左)(cat.3321)

[春型]06.5.6 神奈川県城山町 開張40mm
[夏型]すみません。。。準備不足です

全国的に普通種。出現期は春から夏にかけて年2〜3化する。幼虫はクワやサクラなど多数の食草がある。前翅の斑紋には変異があり、一般的に春型のものは黒点が少なく、完全に消失してしまう個体もある。逆に夏型は黒点が多く現れる傾向にある。大きさは夏型のものが春型よりも大きい事が多い。オス・メスは触角で見分ける事ができ、オスは櫛歯状になるのに対しメスは糸状である。

キハラゴマダラヒトリ(写真右)(cat.3322)

[春型]05.5.31 神奈川県海老名市 開張39mm
[夏型]06.8.15 神奈川県相模原市 開張34mm

前種と同じく全国的に普通種で、出現期も食草もほぼ同じ。本種も斑紋には変異があり、やはり春のものは黒点が少ない傾向にあり、夏のものは黒点が多い。全種と住み分けをしているという話もあるが混生する場所もあり、生活史は比較的似ているようだ。この仲間は少し触ると死んだふりをする。

比較ポイント

 
左:アカハラゴマダラヒトリ 右:キハラゴマダラヒトリ

[腹部・前脚]
[前翅]
[斑紋]
 両種とも、黒点の多さは上で述べた通り変異があるため、そこだけでは判断できない。

[開張]
 両種ともに30mmから40mmで、夏型の方が小さい事が多い。オスとメスではメスのほうがやや大きい。

[雌雄]

上でも述べたが、オスは櫛歯状になるのに対しメスは糸状になることで区別できる。


図鑑トップへ戻る