Species name Lamprotes mikadina (Butler, 1878) シーモンキンウワバ,Cat.4127
Taxaonmy
 
Geographical range
沿海州, サハリン, 朝鮮, 日本に分布. 北海道では利尻島, 礼文島のほか中南部に産し, 本州では東北地方から中国地方にわたり山地に産する.
Distribution Map
Biology 幼虫はキンポウゲ科のカラマツソウから見出されており, ヨーロッパ産の近縁種L. c-aureum (Knoch) の場合と一致する. 越冬態は幼虫と推定される.
Flying season 年1化, 7-8月に出現する.
Remark

前属同様下唇鬚は長く, 上向し頭頂を超える. 前翅は紫灰色, 中央に微小なC字紋を有する. 中横線と外横線の間は後縁に向かって金色で充される.

Japan
Japan 
Male Genitalia 
References