Species name Pandesma quenavadi Guenee, 1852 ハイイロクチバ,Cat.4306
Geographical range NE. Himalaya, Taiwan, Burma, Thailand, Sumatra, Borneo, Java, Philippine, Australia, Japan (Kyushu)
スリランカ, インド, ビルマ, タイ, ベトナムなど大陸部に分布. 日本では, 1978年7月に北九州市皿倉山で得られた♀の1標本が唯一の産出例である. もちろん土着種とは考えられない.
Distribution map
Biology

幼虫はインドでマメ科の Acasia catechu (アカシアの1種) や Albizzia lebbek (ネムノキの1種) を食樹とすることが知られている.

Identification

♂の触角は弱い歯牙状, 前翅は濃い灰褐色, 内横線に1黒点を表し, 腎状紋は暗色, 輪郭は不明瞭, 後翅は灰白色, 翅脈は暗色, 外縁部は幅広く黒褐色を呈する.

Japan
Thailand
References The Moths of Borneo Part15&16 page102