Species name
(MJ No.)
Catocala dula Bremer, 1861 オニベニシタバ,Cat.4175
Geographical range 本種は沿海州, サハリン, 朝鮮, 中国北部, 日本など東北アジアに分布. 北海道から近畿地方まで内陸にかなり普通に産し, ひろい垂直分布をもつ.本州西部, 四国ではかなり分布は希薄で, 九州では九重山塊の黒岳が唯一の産地として知られる.
Distribution map
採集記録
Biology 幼虫はミズナラ, クヌギ, カシワ, アラカシに至る各種のブナ科植物から見出される.
Flying season 7-9月に出現する.

本種はCatocala , 朱赤色の後翅をもち, ブナ科植物を食餌とする特殊な小群に属し, 近縁種をヨーロッパ(主として地中海地方) と北アメリカ西部 (1種のみ) に産する.

Japan
Hokkaido
China
Shandon
China
Heilionjang
Japan
Honshu
 Male Genitalia
 Male Genitalia
References