Species name
(MJ No.)
Trichosea champa (Moore) キバラケンモン Cat. 3403
Geographical range Russia, China, Japan (Hokkaido, Honshu, Shikoku, Kyushu, Tsushima, Yakushima, Miyako-Is) Taiwan, China, Malay-peninsular, NE. India
日本では北海道から九州までの本土域と対馬, 屋久島にわたって分布し, 産出はやや局地的.国外では沿海州から中国を経てインド-マレーに分布する.
Distribution map
Biology 暖温帯では食草として, コゴメウツギ, タチバナモドキ, ヒサカキ, シャシャンボなどが記録されている.
Flying season 標本は主として5-9月に得られているが, 暖温帯域では早春に得られた例もあり, 生活史や分布態様もよく把握されていない.
Remark

大きさ, 前翅黒色条の発達, 後翅外半の暗色部の発達等にかなり幅ひろい変異があるが, 一般には南部地域には大型で, 前翅黒色部の強く現れる型を産する. 属Trichosea はヨーロッパに近縁種 T. ludifica (Linnaeus)を産し, インド-マレー地域にいくつかの局地的な特産種を分化している.

Japan
Nagano
Japan
Kumamoto
Shizuoka
Taiwan
Japan
Yamanashi
 Male Genitalia
References