学名/和名
(MJ No.)
Siccia obscura (Leech, 1889) ウスグロコケガ,Cat.3277
分布 本州(関東以西), 四国, 屋久島に分布する.
県内の記録
食樹・幼生期
発生期 関東の平野部では6-7月と8月中-下旬に出現する.
この属の日本産2種が東アフリカに産する真のSicciaと同属がどうか疑問があり, またこの2種が互いに同属かどうかも将来の課題である. ♂の触角は微毛状. 下唇髭は小さくて細く, 上向する. 前翅のR1, R2は中室から発し, R3-5は有柄, M1はその近くから出る. 後翅のRsM1は有柄, M2M3+CuA1の近くから出る. 本種の前翅は灰白色, 横線は黒褐色点の列となり, 中室端に他より大きな黒点がある. 中室付近はぼかしたように黒褐色.
標本画像
生態画像
幼虫画像