学名/和名
(MJ No.)
Nomophila noctuella (Denis & Schiffermuller, 1775) ワモンノメイガ, Cat.1695
標本画像
生態画像
同定

触角♂は微毛状, ♀は糸状に近く,ごく短い毛が生えている. 前翅中室内と中室下に環状紋が, 横脈上に腎形紋がある. 草原で昼間飛び花に集まるし, 灯火に飛来する.

発生期
分布 ほとんど全世界に分布し, 我が国でも北海道から南西諸島まで, 小さい島にも分布している. 太平洋の島々に拡散しているのは, 台風や季節風によって運ばれるからであろう.
食樹・幼生期 幼虫は草を食べ,糸をはいて泥屑などで管状の巣を造り,1日の大部分を食草の根元に潜んでいるという。日本では生活史が知られていない.
幼虫画像