学名/和名
(MJ No.)
Camptomastix hisbonalis (Walker, 1859) ハナダカノメイガ, Cat.1542
標本画像
生態画像
食樹・幼生期
発生期
分布 北海道, 本州, 四国, 九州, 対馬, 種子島, 屋久島, 沖縄本島, 石垣島, 西表島, 台湾, 中国, 東南アジアに広く分布する.
同定

♂の触角は基部から約1/3でふくらみ, 少し曲がる. ♀は糸状. ♂は♀より前翅の幅が広く, 腹部は毛塊を内蔵するため太い. 九州以南の個体のなかには前翅の外横線より内側が赤味をおびるものがある.

幼虫画像