学名/和名
(MJ No.)
Pryeria sinica Moore, 1877 ミノウスバ, Cat.1337
分布 北海道, 本州, 四国, 九州, 対馬, 朝鮮, 中国東部に分布する. .
県内の記録
食樹・幼生期 ニシキギ, マユミのような他のニシキギ科にも寄生する.
発生期 昼飛性で, 秋遅く活発に飛びまわる. 特に幼虫の食草であるマサキの周辺に多い. 秋に枝に産みつけられた卵塊のまま越冬し, 翌春孵化して5-6月に蛹化する

標本画像
生態画像
幼虫画像