[ホーム] [管理用]

新・蛾像掲示板


おなまえ
記事移動
上記に「age」と書くとスレッドが先頭に来ます。
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)
  • 添付可能ファイル:GIF, JPG, PNG ブラウザによっては正常に添付できないことがあります。
  • 最大投稿データ量は 500 KB までです。
  • (機能変更)「記事移動」欄に半角で「age」と書くとスレッドが先頭に来ます。それ以外は上に来ません。
  • 画像は横 250ピクセル、縦 250ピクセルを超えると縮小表示されます。
  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。
  • 撮影日、場所(都道府県名など)、大きさなどがわかります場合、是非ご記載してください。同定の手助けになるだけでなく、貴重な情報になります。
  • アップロードされた画像は一覧に利用させていただくことがあります。ご了承ください。著作権はあくまでも撮影者にあります。

  • 画像タイトル:1455935886360.jpg-(145337 B)
    145337 B無題 Name 黒猫 16/02/20(土)11:38 No.54878   [返信]
    撮影日: 2016.02.19
    撮影地: 東京都三鷹市

    カバナミシャクです …
    ナカオビカバナミシャクとしたいところですが、「未同定」行きになってしまうのでしょうか?
    無題 Name &◆X/r0NvpyOE 16/02/20(土)12:41 No.54879  
    ソトカバナミシャクではないでしょうか私もちょうど昨日発見しました。。ナカオビカバナミシャクは、もう少し後に出てくるようです。
    http://www.jpmoth.org/Geometridae/Larentiinae/Eupithecia_signigera.html
    無題 Name &◆Hh4vngkEN6 16/02/20(土)12:57 No.54880  
    ありがとうございます。

    ところが迷ってしまったのですが、発生時期だけから言うと【みんなで作る … 】の「成虫出現期」は 5B-5E になっているのに、成虫写真では八王子市で 3 月の撮影例があるし(ただこの個体は本当にナカオビなのか疑問が … )

    http://mushinavi.com/navi-insect/data-ga_namisyaku_kaba_nakaobi.htm

    ↑では 2 月の撮影例だったりと、季節はさておいて、前翅の細さから判断したものです。
    無題 Name 蛾LOVE 16/02/23(火)11:57 No.54889  
    この仲間は難しいですね。ソトカバナミシャクは地色の黄色味が強く前翅中央の暗色班が目立つのが典型的な個体ですが、写真の映りや個体の欠損具合などで難しいものが多いです。因みにナカオビは僕も関東では3月に確認してますし、ウスカバナミシャクも同時に見れます。本サイトのウスカバのページの生態写真は精査する必要があると思ってます。リンク先のナカオビとされてるものはモンウスカバじゃないかな〜と^^;
    で、黒猫さんのお写真ですが、斑紋だけ見るとナカオビか、ウスカバではないかな〜と思います。
    無題 Name 黒猫 16/02/23(火)22:22 No.54890  
    蛾LOVEさん、ありがとうございました。
    ナカオビか、ウス(あるいはソト)で未同定としておくことになりそうですか。

    > リンク先のナカオビとされてるものはモンウスカバじゃないかな〜と^^;

    一様にグレーでメリハリのない外見ですね。
    無題 Name がいすと 16/03/06(日)00:07 No.54908  
    色からソトカバではありませんね。ナカオビカバかウスカバかですが、前翅が細く見えるのはナカオビの可能性が高いです。ウスカバは典型的なものだと前翅はソトカバのような感じの短めな感じです。同定のために50個体くらい解剖しましたが、それでも迷う(外観で推測して間違える)ことがあります。
    無題 Name 黒猫 16/03/06(日)20:00 No.54916  
    がいすとさん、お久しぶりです。
    貴重な情報ありがとうございました。
    やはり、限りなくナカオビを思わせる「ナカオビ or ウスカバ」ということでしたか。


    画像タイトル:1455907730422.jpg-(61326 B)
    61326 Bガの名前を教えて下さい Name wood-spoon 16/02/20(土)03:48 No.54873   [返信]
    昨年10月撮影、大阪の都市公園です。大きさはタテに15mmほどだったと思います
    頭の後ろのあたりの毛が逆立っているように見えます
    当初、ヤガ科、ヨトウガの仲間かと思ったのですが全く調べあたらずです。
    お分かりの方みえましたら、教えて下さい。
    また、この蛾の仲間の共通の特徴などありましたら、
    教えていただけると嬉しいです。
    皆様どうぞ宜しくお願いいたします。
    無題 Name akaitori 16/02/20(土)07:36 No.54874  
    ウリキンウワバに似て見えました。

    http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Plusiinae/Anadevidia_peponis.html
    ありがとうございます Name wood-spoon 16/02/20(土)10:34 No.54875  
    ウリキンウワバ確認しました。
    確かに納得です。
    akaitoriさま、どうもありがとうございます。


    画像タイトル:1455170105192.jpg-(81147 B)
    81147 Bお尋ねいたします。 Name デカガ 16/02/11(木)14:55 No.54853   [返信]
    撮影/採集日、2016年2月9日、撮影地、千葉県市川市、大きさ前翅長7mm程です。捕獲して撮影しました。自分の絵合わせではプライヤハマキ、時期的に越冬型の様な気がしています。ご存知の方よろしくお願いいたします。
    無題 Name 蛾LOVE 16/02/16(火)21:11 No.54862  
    プライヤ賛成です^^
    無題 Name デカガ 16/02/17(水)11:16 No.54863  
    蛾LOVE さん、お答え気に留めて頂き誠にありがとうございます。安心して記録に留めたいと思います、感謝。
    蛾の数え方 Name &◆7fslkI89Kg 16/02/18(木)15:06 No.54865  
    今更何を聞くと、お叱りを覚悟してお尋ねいたします。蛾の種類は凡そ6000種と聞いて、自分はざっと600種に出会っていてプライヤハマキ越冬型でふと思ったのですが夏型と合わせて2種類?確か他にも夏型冬型が合った様に思いますので詳しい方申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
    無題 Name 名無し 16/02/18(木)16:11 No.54867  
    『種類』と『種』は違います。プライヤハマキやクワトゲエダシャクといった種名が付いているのが、1つの種です。
    6000種というのは、種が6000あるという意味です。
    これをご覧になるといいでしょう。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%5F%28%E5%88%86%E9%A1%9E%E5%AD%A6%29
    無題 Name デカガ 16/02/18(木)18:10 No.54868  
    名無しさん早速のお答えありがとうございます。
    頭が悪いのと固いのでこんがらがっています、例えばハマキガ亜科では、ウスアトハマキ、ウスコカクモンハマキ、シリグロハマキ、だと3種類?3種?私は先の3種類かと思ったのですが?如何でしょうか?
    無題 Name 名無し 16/02/18(木)19:09 No.54869  
    『種』は上のリンク先の通り、生物学で定義された用語です。一方『種類』は一般的な用語で、何に注目するかによって変わってきます。
    上の例でいえば、プライヤハマキは種としては1種ですが、その中に夏型と越冬型という2種類の型がある事になります。
    無題 Name ibota_moth 16/02/19(金)01:40 No.54871  
    例えばプライヤハマキをずっと累代飼育すれば、夏型の親から越冬型の子が生まれ、越冬型の親から夏型の成虫が生まれるでしょう。一つの種の中で、環境や遺伝によって生まれる特徴的な表現形を「型(form)」と呼びます。しかし、クワトゲエダシャクを何世代累代したところでオカモトトゲやキイロトゲにはなりません。簡単に言えばこれが種(species)です。
    種と種類 Name デカガ 16/02/20(土)16:50 No.54882  
    名無し さん、ibota_mothさん具体的なお答えありがとうございます。
    無題 Name 蛾LOVE 16/02/23(火)11:23 No.54888  
    あっ皆様回答ありがとうございます。そうですね^^季節型は種としてカウントしません。斑紋の変異が多数出る個体もあれば、雌雄で斑紋が違う蛾もいますからね。現在標準図鑑以降にも新種の記載があり日本の蛾はおよそ6500種。未記載種を入れると7000と言われております。


    画像タイトル:1455467102775.jpg-(248875 B)
    248875 B教えてください Name ruan 16/02/15(月)01:25 No.54854   [返信]
    撮影/2016年2月14日撮影地、名古屋です。
    クワトゲエダシャクで良いでしょうか?
    お願いします。
    2枚目 Name ruan 16/02/15(月)01:27 No.54855  
        1455467226118.jpg-(130671 B)
    130671 B
    同じ個体の2枚目です。
    3枚目 Name ruan 16/02/15(月)01:32 No.54856  
        1455467572843.jpg-(237025 B)
    237025 B
    同じ木で見つけた蛹のようなのですが、リュウキュウキノカワガの蛹でしょうか?
    似ていると思ったのですが、ケヤキの木なのですで、ケヤキでも育ちますか?
    無題 Name デカガ 16/02/15(月)15:15 No.54857  
    オカモトトゲエダシャクの方に見えますが?詳しい方々如何でしょうか。
    無題 Name ibota_moth 16/02/15(月)17:41 No.54858  
    デカガ様
    オカモトと判断された根拠をお尋ねしてもよろしいでしょうか??

    オカモトに比べて、下翅の茶色い帯が明らかに細く、全体的に色合いが淡いことからクワトゲだと考えられます。しかもメスですね。実は現在とある研究者の方に頼まれて探している最中です。

    名古屋市内では、平和公園と明徳公園で既に記録され、報文が出版されています。それ以外の場所でも数頭得られていますが、未発表のままです。
    ありがとうございました Name ruan 16/02/16(火)00:52 No.54859  
        1455551532391.jpg-(43806 B)
    43806 B
    どうもありがとうございました。
    大高緑地の観察会で見つけたものでした。
    まとめの資料に、ちゃんと名前を付けることができます。
    2012年の5月6日の観察会で見つけた幼虫も、クワトゲエダシャクとしたのですが、最近あっているのか自信がなくなっています。
    クワトゲであってるでしょうか?
    何度もごめんなさい。教えてください。
    お願いします。
    無題 Name デカガ 16/02/16(火)14:33 No.54861  
    >デカガ様
    オカモトと判断された根拠をお尋ねしてもよろしいでしょうか??,
    ibota_moth さんruanさん大変申し訳ございません。
    ですが、オカモトトゲエダシャクと決めつけた訳では無く(幼虫図鑑で見て)自分の目には見えるが詳しい方々の判断を待った積りでしたが?紛らわしくて済みませんでした。御免なさい。其れに致しましてもクワトゲもオカモトも一見似ていて自分の様な素人にはとても難しいと感じ入りました。
    無題 Name ruan 16/02/18(木)01:23 No.54864  
    デカガ様、ibota_moth様、ありがとうございました。
    全体的に白っぽい感じなのと、茶色の帯の幅などから、私もクワトゲと思ったのですが、
    成虫を見るのは初めてだったのと、よく似ているため比べているうちに自信がなくなってしまったのです。
    それで、皆さんお尋ねしました。
    クワトゲエダシャクにさせていただきますね。

    緑色の幼虫を観たとき、クワの木にいたこととネットで調べて似ていると思ってクワトゲにしました。
    でも、翌年同じ公園内ですが違うクワの樹で黒い色の幼虫を観たとき、オカモトに似ていて、
    食草に載ってはいないのですがオカモトもクワの木で育つのだったら、緑色の幼虫も違うのかも?と思ったのです。
    でも、調べてもよくわかりませんでした。
    今回クワトゲがいることが判ったので、幼虫もクワトゲの可能性が出てきました。
    また、調べてみます。ありがとうございました。
    無題 Name ibota_moth 16/02/19(金)01:29 No.54870  
    ruan様
    クワトゲもオカモトもクワを食しますが、クワトゲはクワだけでなくヤナギの仲間やサクラ、エノキ等も与えればよく摂食し成長します。ですので、エサの植物で2種を判別することはできません。
    ただこの2種は外見が明らかに異なり、お写真のように背中の突起が発達していればクワトゲとなります。オカモトの場合は突起はあまり発達せず、体色も白味がかった模様となります。
    無題 Name ruan 16/02/20(土)21:19 No.54884  
    ibota_moth様、ありがとうございました。
    オカモトも、クワを食べるのですね。
    食草や幼虫の特徴を教えてくださり、助かりました。
    これからはその点に気を付けて観察してみたいと思います。
    今度幼虫を見つけたら、飼育して色の変化も観察してみますね。


    画像タイトル:1454844713930.jpg-(399957 B)
    399957 B名前をご教示いただけないでしょうか Name Gatorin 16/02/07(日)20:31 No.54850   [返信]
    一昨年の6月11日に兵庫県福崎町で撮影しました。大きさは開張約20mmです。コブガかアツバかと思い、調べましたがわかりません。よろしくお願いします。
    無題 Name シバ 16/02/07(日)23:00 No.54851  
    クロテンカバアツバが、私には近く見えます。
    http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Catocalinae/Anachrostis_nigripunctalis.html

    私も以前教えて頂いたのですが、開張はあくまでも展翅した時の翅の端から端までの長さのことを指すそうです。今回の場合は翅も開いていませんし、開いていても、前翅片方の付け根から先端までの長さを測った前翅長を使うのが適当だそうです。
    お礼 Name Gatorin 16/02/08(月)23:52 No.54852  
    クロテンカバアツバで納得です。スケールで前翅長は測定しており、8mm強でした。今後は適切に使用したいと思います。いろいろ有難うございました。今後ともよろしくお願いします。


    画像タイトル:1454762398576.jpg-(378736 B)
    378736 Bご教示ください Name よっちゃん 16/02/06(土)21:39 No.54844   [返信]
    愛知県 2016/02/06 そろそろキリガの頃かと散歩していて、やっと会えましたが、同定できません。クロミミなのかクロテンなのか決めかねています。
    よろしくご指導ください。
    無題 Name &◆eqhIuITki. 16/02/06(土)21:42 No.54845  
    失礼しました。同一個体の寄せ集め画像です。
    無題 Name ATS 16/02/06(土)22:39 No.54846  
        1454765971588.jpg-(110156 B)
    110156 B
    > クロミミなのかクロテンなのか

    どちらでもありません。
    越冬キリガのクロチャマダラキリガです。

    http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Hadeninae/Rhynchaglaea_fuscipennis.html

    斑紋変異の大きい種ですが、よく似たチャマダラキリガとの比較が下記にあります。
    斑紋の特徴を確認して下さい。

    http://www.jpmoth.org/~moth-love/HIKAKU/kuro&tyama/kuro&tyama.html

    ※クロミミもクロテンもいわゆる春キリガです。私のフィールド(埼玉南部)で見られるのは通常3月半ば頃です。
    今年は暖冬傾向とは言え、2月初めは早すぎると思います。
    今の時期に見かけるキリガはほとんどが越冬キリガ(秋に羽化して成虫で越冬)と呼ばれるものです。

    添付は昨年の12月2日撮影でサザンカの花で吸蜜するクロチャマダラキリガです。晩秋に発生するので時に11月や12月には見られます。
    無題 Name よっちゃん 16/02/06(土)22:39 No.54847  
    再度検討していて、クロチャマダラキリガも候補にあがるかと思っています。いかがでしょうか。
    ありがとうございます Name &◆eqhIuITki. 16/02/06(土)22:44 No.54848  
    ATSさんありがとうございます。「越冬キリガ」なんですね。勉強させていただきました。感謝
    無題 Name ATS 16/02/07(日)03:06 No.54849  
    キリガにご興味があればつい先日にこんな本が出ました。
    ちょっとお値段が高めですが、内容はとてもすばらしい本です。ご参考まで。

    日本の冬夜蛾(キリガ) 2016年2月5日発行

    http://homepage2.nifty.com/mushi-sha/nihon-no-kiriga.html

    http://www.mushi-sha.com/products/detail.php?product_id=725


    画像タイトル:1454551527072.jpg-(123989 B)
    123989 Bお尋ねいたします。 Name デカガ 16/02/04(木)11:05 No.54834   [返信]
    撮影/採集日、2016年2月、撮影地、千葉県市川市、大きさ、体長38mmです。一つ下の名無しさんの御指摘からウスバフユシャクの♀に会いたくてヨシノ桜の林へ向かって出会ったのが此の幼虫です。一見昔に撮ったシロオビフユシャク幼虫に色は似ていますが如何でしょうか?ご存知の方よろしくお願いいたします。※因みに同日他のヨシノ桜の幹でキノカワガの成虫も撮影いたしました。
    無題 Name ATS 16/02/04(木)13:04 No.54836  
        1454558646693.jpg-(73594 B)
    73594 B
    今見られると言うことは成虫で越冬している種と言うことになります。
    フユシャクを候補に挙げてますが、天変地異でもない限りフユシャクの幼虫が真冬に見られることはあり得ないと思います。冬に成虫が出るのがフユシャクです。幼虫は冬に出る成虫が産んだ卵が孵化する春にならないとみられません。

    さて、そうすると幼虫越冬をする種でで平地でも一般的なシャクガから探すとエグリヅマエダシャクではないかと思います。
    この幼虫はネットで見ても斑紋や色彩の変異が非常に大きいですが、その形はあまり変わらないように思います。


    特にお尻の方に燕尾服のような2つの尖った部分(添付写真の矢印)が見られますが、お写真でもそれらしい部分が見られます。
    ちなみに添付は1月末の撮影です。


    念のため、ネットでお写真と似た色調の幼虫を探すと下記幼虫図鑑の中ほどにある埼玉県上福岡市で撮られた幼虫が似ているように思いますがいかがでしょう?

    http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/eguriduma-edashaku.html
    エグリヅマエダシャク幼虫 Name デカガ 16/02/04(木)14:03 No.54837  
    投稿は午前中で試にとネットを開くとお答えがあり吃驚です。ATSさん何時も乍らの懇切丁寧な然も誰にでも納得のできる絵入のお答え誠にありがとうございます。只エグリヅマエダシャクも初物では無かったのが少し残念でした、表面だけの理解ですから又ご迷惑をお掛けするでしょうが今後ともよろしくお願いいたします。
    無題 Name ATS 16/02/04(木)15:04 No.54839  
    済みません。
    読み返したら私の冒頭の文章におかしなところがあったので訂正しておきます。

    >今見られると言うことは成虫で越冬している種と言うことになります。

    これはもちろん「成虫」ではなく「幼虫」の間違いです。失礼しました。

    訂正後
    「今見られると言うことは幼虫で越冬している種と言うことになります。」
    日光浴 Name デカガ 16/02/05(金)17:20 No.54842  
    ATSさんご丁寧に有難うございます。幼虫で越冬は解る気がいたしますが、この場合は此の木の根元から這い出てきたんでしょうね?とても寒い日でしたが天気が良く日光浴でもしている様でした。


    画像タイトル:1454127807333.jpg-(267962 B)
    267962 B名前をご教示いただけないでしょうか Name Gatorin 16/01/30(土)13:23 No.54825   [返信]
    添付の2種は昨年10月下旬に兵庫県で撮影しました。名前がわかりません。1枚目はノメイガの1種でしょうか。よろしくお願いします。
    この写真は2枚目です Name Gatorin 16/01/30(土)13:28 No.54826  
        1454128097248.jpg-(215057 B)
    215057 B
    1枚目がこの写真です。
    無題 Name 名無し 16/01/30(土)19:44 No.54828  
    No.54825はカギバガ科トガリバガ亜科のニッコウトガリバ
    http://www.jpmoth.org/Drepanidae/Thyatirinae/Epipsestis_nikkoensis.html
    No.54826はツトガ科ノメイガ亜科のマメノメイガ
    http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Maruca_vitrata.html
    でしょう。

    尚、できるだけ、大きさを書く様にしてください。
    有難うございました。 Name Gatorin 16/01/31(日)13:22 No.54832  
    マメノメイガはこれまでに何度か撮影していますが全て翅を広げたもので、翅を閉じたものは今回が初めてでしたので、迂闊にも気づきませんでした。撮影時にスケールを持参するようにしていますがこの日は持ってきていなかったのでうろ覚えになってしまい、大きさは記載しませんでした。今後は気を付けます。今後ともよろしくお願いします。


    画像タイトル:1454137785295.jpg-(117813 B)
    117813 Bお尋ねいたします。 Name デカガ 16/01/30(土)16:09 No.54827   [返信]
    撮影/採集日、2016年1月、撮影地、千葉県市川市国府台、大きさ前翅長15mm位です。此の蛾はウスバフユシャク?だろうと思います。フュシャクは之とクロテンフユシャクの成虫及びシロオビフユシャク幼虫に会っていますが先の二種は♂だけで♀に会っていません。先の二種は桜林の公園のトイレの壁で見たのですがどの様な場所へ行けば♀に会えますか?ご存知の方よろしくお願いいたします。
    無題 Name 名無し 16/01/30(土)19:55 No.54829  
        1454151338027.jpg-(192824 B)
    192824 B
    ♂がいる場所の近くを注意深く探せば見つかるでしょう。木の幹、杭、看板などでよく見かけます。小さいので、見落とさない様にしてください。
    また、♂の翅の下に交尾中の♀がいる事もあります。
    ウスバフユシャク Name デカガ 16/01/31(日)11:56 No.54831  
    名無しさん早々のお答え、具体的に有難うございます。私も特に蛾の撮影をする様になってからは注意深くなった積りでいましたが御指摘を受け更に注意深く見る様に心掛けメスを撮影したらご報告したいと思います、有難うございました。因みに今回の蛾はウスバフュシャクで間違い無かったようですね。
    無題 Name ATS 16/02/04(木)12:33 No.54835  
        1454556829074.jpg-(187677 B)
    187677 B
    その後、♀には出会えましたでしょうか?

    ウスバフユシャクを始めフユシャクの多くは夜行性です。
    ですので昼間よりも夜の方が出会う確率は高いです。

    論より証拠ではないですが、添付は先日、私の地元の県営公園の一時間ほどの夜回りでサクラ(主にソメイヨシノ)の木やその周辺で見かけたウスバフユシャクの交尾ペア(11組)の写真です。

    ちなみに♂も昼間は目立ちませんが、あたりが暗くなると昼間はどこに隠れていたのかと思うほど多数の♂が飛びはじめます。

    ♂の飛翔が一段落する頃にサクラの幹や付近の柵などを見ると交尾ペアが見られます。

    私の観察では時間帯は夕方5時半頃から夜中まで見られますが、夜の7時から9時ごろがピークと思います。
    無題 Name デカガ 16/02/04(木)14:29 No.54838  
    >私の観察では時間帯は夕方5時半頃から夜中まで見られますが、、、.
    ATSさんエグリヅマエダシャク幼虫でも有難うございます。実はこの時は此のフユシャクを撮影した正しく同じ木にいましたのでひょっとしたらと思った次第でした。然し普段の生活リズムでは近くに其の環境が無いので旅行先などでチャンスを待つしかない?何時になるかは解りませんがワクワク感をとっておきます。
    無題 Name ATS 16/02/04(木)15:20 No.54840  
        1454566810798.jpg-(211852 B)
    211852 B
    ご事情はわかりませんが、蛾に興味を持たれながら夜間観察ができないのは残念ですね。
    蛾の配偶行動や採餌行動(吸蜜など)が見られるのはほとんどが夜だからです。
    ※例えは悪いですが新宿歌舞伎町のような繁華街に昼に行っても夜の姿はわからないようなものです。

    夜間観察できるチャンスが得られれば良いですね。

    添付は前の添付写真と同じ公園に2日後の夜に行った時に撮影したウスバフユシャク交尾ペア(12組)です。
    少なくとも、この公園では今の時期なら夜に行けばいつでも見られます。
    無題 Name デカガ 16/02/06(土)12:02 No.54843  
    ATSさん何時も申し訳ございません。元々好い加減な性格で遣り遂げる執念に欠けていて(ボケ防止の為)免許証も返納で場所も年寄りにはとても歩いていける距離では無く東西線から京成国府台まで10駅以上離れています。言い訳がましいいので心に留めておけば何時かはそのチャンスが?、、、、。です。


    画像タイトル:1454018756045.jpg-(77617 B)
    77617 Bヒメハマキガ亜科 Name Hetakes 16/01/29(金)07:05 No.54822   [返信]
      蓋に挟まれ死ぬ前の画像です。
    先にそれを載せるせるべきでした。
    昨日撮れた写真が良いと思い
    一昨日撮っていた写真を添付
    するのを怠っていました。
    無題 Name YAMKEN 16/01/29(金)11:20 No.54823  
    前スレッドで名無しさんがお答えしておられます通りホソバチビヒメハマキ類に似ていますが成虫写真だけでは判断が困難でしょう。
    以前にもお伝えいたしました通り幼虫態からの飼育されているようであればそれの情報(食餌植物や容姿大きさなど)をも加えてください。
    必ずとは言えませんが同定の確実性などが向上することがあります。
    ヒメハマキガ亜科など Name Hetakes 16/01/29(金)14:44 No.54824  
    YAMKENさまご指摘の件、誠にその通りで
    恥ずかしい限りですが、幾つかの葉を一つ
    の虫籠に入れて、いつの間にか成虫だけが
    現れた状態です。今回のはハナセンナの実、
    ヨモギの虫こぶなどを入れていました。
    自分のブログ(詩と写真、旧外国語散策)
    にも同じ情報を載せています。幼虫と蛹
    の写真を写せた時には載せていますが、
    今回は幼虫も蛹も見ていません。


    【記事削除】[画像だけ消す]
    削除キー
    [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95]

    - GazouBBS + futaba-